買い取り店で査定する時に、チェックする箇所は?(1)


さて車の買い取り店に車の査定を依頼した場合、査定員はどのような箇所をチェックするのか、その項目を挙げてみました。

査定士達がチェックする場所は次の箇所ですが、用語を解説しながら進めます。


1、車検証を見ながら
①車名(車検証上はメーカー名が書かれていますが、この場合は通称名を使います)
②グレード(これは車検証には記載されていません、いわゆる車の車格を表します)
③ドア・ボディ形状(セダン車の場合はドア数4です。箱形やキャンピング等の呼び方)
④車歴
⑤初度登録年月(日本国内で初めて登録された年月を云います)
⑥登録年月日 (この車検証上の所有者または使用者に登録された年月日)
⑦車検満了日 (車検は何年の何月何日迄あるか)
⑧所有者氏名・住所(現金で購入している場合は、使用者と同じ)
⑨使用者氏名・住所(所有権がローン会社や自動車会社の場合は、ここは買主の名前)
⑩オーナー数 (初年度登録と登録年月日が同じ場合は、新車から乗っているワンオーナーカーだと言うことができる)
⑪登録番号  (いわゆるナンバープレート)
⑫型式指定~類別区分番号 (この型式指定や類別区分番号で、凡その車のグレードが分 
              かる、また整備を行う場合、これで部品を発注する)
⑬燃料    (ガソリン・ディーゼル ハイブリット車もガソリンです)
⑭ハンドル(右・左)
⑮輸入車(ディーラー・並行)
⑯車台番号 (自動車のエンジンルームや、車体の損傷を受けにくい部分に刻印してる、その車固有の番号で、同じ車台番号の車は存在しない。)
⑰型式   (メーカーにより、また自動車によりこの型式は違っている)
⑱原動機型式 (エンジン型式といい、同じメーカーでも複数の車に搭載される。最近で
        メーカー間の技術協力により、他のメーカー提供されているのを多く見かける=OEM)
⑲排気量  (いわゆるエンジンの排気量のこと。2000CCエンジンなどと呼称する)
⑳定員 (乗車定員の事で、車検証上は人間1名の体重を55KGと計算して、車両総重量
     を記載している。なお車の重量は、燃料と水を搭載した状態の車体重量と、定
     員まで人間を乗せた状態の総重量、並びに貨物車等では積載物をその車に許可
     された重量と、乗車定員を合わせた積載重量がある)
52444a7c38e68c470f9c3351ab1fa79e_s
2、運転席に座って
①シフト (オートマ・5速マニュアル・6速マニュアルがある)
②駆動方式 (前輪駆動のFF方式や、4WDなど)
③外装色  (最近の車の車体色は複雑でバラエティに富んでいます)
④カラーコード(複雑な色もこのカラーコードで直ぐ分かります、車の塗装修理に便利)
⑤色替(元色  )(最近は減ってきていますが、車の色を全て塗り替えている車もある)
⑥新車保証書の有無(新車購入時にメーカーが発行する保証書。国産乗用車では5年)
⑦取扱説明書の有無(中古車として販売する場合必要なものです)
⑧フル型式(シリアルナンバー)エンジンルーム内に貼ってある、その車の個別情報で
      車検証では得られない情報が記載されている。シリアルナンバーは輸入車に
      多く見られる、その車固有の番号を示す)
⑨走行距離(KM・マイル)
⑩内装色 (トリムカラーとも呼ばれ、メーカーにより、その車の車体色との組み合わせが決まっている)