車を売る場合に、知っておくべき事と、準備するものとは?


さて、車の名義変更は重要であると言うことがお分かりになったと思います。

車を手放す前に、一度、自分の愛車の車検証を確認しましょう。

車検証を手に持って、確認してみましょう。名義人は貴方の名前ですか?

もしそうであるなら、名義人の住所は現在の住所と一致していますか?

名義人の名前も住所も一致しているので有れば、例えば、普通車の場合は、印鑑証明書を1通揃えておけば大丈夫です。

但し、役所で発行する印鑑証明や住民票は、その有効期限が3カ月しかありません。
したがって、3カ月以上も前に取得した印鑑署名や住民票は使えません。

また、買い取り店によっては、買取り契約時に2カ月以上の有効期限の無い書類は受け取って貰えませんので注意しましょう。

※但し、自動車が軽自動車の場合は、全く必要がありません。

車検証と名義人の認め印があれば、全て事足ります。

そう、軽自動車は実に簡単なのです!

問題は、普通自動車を売る場合です!

車検証の所有者が自動車販売会社の名義であったり、信販会社の名前であったりしますと、この所有者の印鑑証明と委任状及び譲渡証明書が要ります。

ただし、この辺の手続きは、車の買い取り店が行ってくれますので、安心して任せましょう。

ただ、ローンを組んで車を買った場合に所有権が付くことが多いのですが、問題は、その支払いが全て完了しているか否かなのです。

完了していれば、何の問題はありませんが、残っている場合は、残っている金額を一括返済しないと、車の名義変更手続きに必要な書類が揃わない事になります。

この、支払が残っている場合が、少し厄介です。

査定額よりローンの残債金額が多い場合は

車を売ったから、お金が手に入るのではなく、
お金を余分に払わないと車が手放せないのです。

なぜなら、車の持ち主は貴方ではなく、所有権者である自動車会社や信販会社だからです。

査定額が50万円ついた車の残債が70万円あれば、差額の20万円を支払わないと車を手放すことができないのです。

えっ、そんな、馬鹿な!と思うかもしれませんが、事実です。

残債を0円にしないと、所有権者は印鑑証明や委任状、譲渡証明といった名義変更手続きに必要な書類を発行してくれません。

また、その年の自動車税が未納であった場合も、その自動車税を払う必要が有ります。
当然、自動車税に延滞金があれば、それも支払う必要が有ります。

そうしないと、書類が揃わないのですから仕方が有りませんね。

所有権が付いている場合でも、ローンは完済していれば問題ないのですが、以下のケースでは取扱注意です。

それは、ローンの支払いが終わった時に、ローン会社より完済通知書と、名義変更に必要な書類が送られてくる場合です。

ローン会社によって、扱いはマチマチなのですが、中には知らずに書類の請求をしていて、所有権解除に必要な印鑑証明や委任状、譲渡証明を手元に保管したままで、印鑑証明の有効期限が切れたり、書類を全て無くした場合です。

買取ったお店が手続きを行ってくれますが、万一、書類、それも譲渡証明を紛失したり

所有権解除用の完済通知書を紛失した場合は、再発行ができませんので、注意しましょう。

もし、こんな書類が手元に届いた場合は、書類をよく読んで、不明の場合はローン会社に相談するか、自動車屋さんに相談、又は管轄の陸運局の登録窓口に相談しましょう。

人気記事:「査定金額」と「相場」の違い