車の買い取り専門店の歴史


車の買取り専門店とは?いつからあるのか?
そして車の買取り制度が何時からあり、どのような変転をしてきたのか、調べてみましょう。

まず、中古車販売の原点から説明します。

昭和の30年代の前半頃の中古車販売は、主にブローカーと呼ばれる人たちが、顧客からの注文を聞いて、各新車ディーラーのセールスマンから、下取りの車を分けて貰い、それを車の買主に売ると言うやり方で行っておりました。

当然のことながら、店を構えて展示しているのでは有りません。

注文を先に受けて、次に来る、車を探してくるわけですから、在庫を寝かすわけでもなく、また莫大な資本をかけるわけでも有りません。

 先に客から手付金なりを預かっておいて、セールスマンと商談し、金額を決めてから取引を行い、顧客から残金を貰ってから、セールスにお金を支払う訳ですから、資本は殆どかからず商売ができていました。

この場合は、付き合いのセールスマンを多く知っているかが商売のポイントです。

勿論、車を流す上には、バックマージンを支払っていたのでしょう。

その後、そういった羽振りの良いブローカーを知った有る男が、初めて露店で車を売ることを考えました。

これが、現在の中古車展示へと発展していきます。
33

さて、中古車の露天販売を行った男は、やがて店舗を幾つも展開するようになりましたが、新車の下取り車の仕入れだけでは、思うように仕入れができないのと、当然、他にも真似を行う業者も出て、利益が思うように確保できなくなります。

そこで思いついたのが、中古車に乗っているお客から直接車を買うことです。

有名な「あなた車売る?私、高く買うわ!」のあのCMで有名になった関西の大手中古車のHです。

その後、昭和の終わりころに中部地区のある会社が、車の買取り専門のFC展開を始めました。

当時は買い取りのFC店の展開なんて誰も思いつかなかったのでしょう。
何しろ買い取りのノウハウを教えるわけですから、車業界以外の人間が飛びつきました

またたく間に大当たりしたのです。

このFC展開に触発されて各社とも、中古車の買い取り専門店のFC化の競争し出したのです。

顧客からの直接の車買取りの初歩の目的は、自店での在庫を集める事と、利益確保が主な目的でしたが、買い取り店のFC化と、それから発展していく、買取り直営店の展開は買い取った車を展示せず、当時から拡大してきた、中古車オークション会場への出品売買の為だったのです。

この傾向は現在でも同じで、殆どの買い取り店がオークションへの出品し、それらの車は各中古車販売店へと流れ、もう一方は海外輸出へと流れて行きます。
20

オークション会場も色分けが進み、国内ユーザー向けの販売が強いオークション会場や、海外輸出向けのバイヤーが多く集まる会場と分かれてきています。

また、中には事故車や動かなくなった車を専門に扱い買取り業者や、オークション会場も出来て多様化して行ったのです。

このように車の流通はどんどん変化して行っています。そんな中で、車を売ろうとしている貴方は、どこのお店を選べばよいのか迷いますね。

次は、そんなお店の選択について書きましょう。

人気記事:「査定金額」と「相場」の違い