マイカーオーナーへの第一歩 中古車の契約から、納車までの流れ。


購入する車が決まったら
次は勿論、契約書にサインですね!

ここはワクワク・ドキドキする瞬間です!

その前に、知ってました?
契約書には、実印が必要ということを!

そうなのです!
全ての契約書には
契約する人の実印が必要なのです!

実印なんて持っていない!?

でも、ご安心を。
印鑑登録をする予定の印鑑
つまり市販の印鑑でも
OKなのです。

オススメは、直径1.5CM以上の
印鑑を使うのがいいのですが、
無い場合は、小さい印鑑を実印として
印鑑登録も出来ます。

印鑑登録は未成年者であっても、
出来ます。

車の購入者が未成年の場合は
契約を親にやって頂く事が楽ですが、
未成年者が契約者になることも出来ます。

未成年者が契約者になり、
名義人となるためには、
以下のような手続きが必要です。

1, 親権者である親御さんの
 契約に関する同意書
  及び父母どちらかの
  署名・捺印・印鑑証明

2,戸籍謄本

3,契約者の実印

4,契約者の印鑑証明

5,契約者の委任状

以上のような、
書類を揃える必要があります。

※1~5は契約する未成年者のものが必要です。

未成年者の契約は煩雑なので、
お父さん又はお母さんの
名義で契約するのが簡単です。

同様に車の名義も
お父さんかお母さんの名義で行うのが
ベターです。

勿論、成人しているのであれば
本人の契約で問題ありません。

車の契約って、
結構ムツカシイのです。