中古車をお得に買う方法 購入の手続きを事前に調べておこう。


もうじき待ち遠しい春が、すぐ目の前に

受験も終わって、
志望大学に受かって喜んでいる人や、
就職も決まって
お祝いにクルマを買ってもらおう!と
毎日、自動車学校に通っているあなた。

その前に、車を買う時の手続きなどは
ご存知ですか?

予備知識もなく、車を見に行くと
タイヘンなことになりかねませんよ!

せめて、簡単な知識を仕込んでいきましょう。

知ってますか? 次の事

1,車を買うには、車庫証明が必要なこと   知ってます?

2,未成年者は車の契約ができないこと 知ってます?

3,車を買ったら、毎年、自動車税が要ること 知ってます?

4,年齢が若いほど、自動車保険が高いこと 知ってます?

5,未成年者が車の持ち主になれないこと 知ってます?

6,車を買う手続きに印鑑証明が要ること  知ってます?

7,車を買ったら2年毎に車検が必要なこと  知ってます?

上記の回答は

1、車庫証明ですが、自宅に使っていない
ガレージがあればOKです。

無い場合は、モータープールを見つけて
おきましょう。

車庫が無いと車の登録ができません。

ただ、軽自動車は、車の名義変更後
の申請なので、割りと手軽に買えます。

地域によっては車庫証明不要な場所も。

2,選挙権は18歳からに法律が変わりましたが、
自動車の契約は未成年では不可です。
親御さんに頼みましょう。

3,普通車と軽自動車では金額が大きく違います。
維持費を抑えるなら、軽自動車がオススメです。

4,自動車保険は年齢によって、金額が変わります。
若い人の保険代は高いですよ。

全年齢、21歳未満、26歳未満と
年齢が上がるほど保険料は下がります。

5,車検証は、所有者と使用者があります。
所有者はその名の通り、車の持ち主です。

未成年者が所有者になるためには、
戸籍謄本、本人の印鑑証明
委任状 車庫証明 親権者の同意書
親権者の印鑑証明 などの書類が必要です。

※軽自動車を買う場合は簡単です。
住民票が1通と認印で名義変更できます。

親の名義にするか、所有者は親で子供さん
が使用者とする場合が多いです。

6,上記のように未成年者が車の
所有者になる場合は、印鑑証明書が必要です。

7,普通車、軽自動車共に車検は2年ごとです。

こういった知識を知った上で、車を探せば
余裕をもって買えますね!

また、車庫証明の手続きなども、割と簡単に
できます。自分でやれば費用が安く済みます。

※車屋さんに頼むと、最低でも
10,000円くらい必要です!

いかがです?基本的な事ですが、
最低はこれぐらいは知っておきましょう!

備えあれば 憂いなしですよ!