マイカーオーナーへの道  軽自動車の車庫証明とは


今回は車庫証明でも、軽自動車の車庫証明
について書いてみます。

その前に常用また貨物自動車に
必要な車庫証明と
軽自動車の車庫証明とは
どこが、どう違うのか
わかりますか?

常用または貨物自動車の
車庫証明はなぜ必要か!?
それは、自動車を登録する場合
その保管場所が無いと、
登録することが出来ない!と、
すでに説明しています。

つまり、
車検証の名義変更を行うには
事前に管轄の警察署長の印鑑が
押された車庫証明書が要ります。

では軽自動車は、どうかというと
軽自動車を登録する時には
車庫証明書は不要なんです。

そうなんです!
要らないのです。

実は軽自動車の場合は
後から、
つまり名義変更が終わってから
最寄りの警察署に届け出を行います。

車庫申請の届け出を行って
車庫証明のステッカーをもらい
車のリアガラスに貼り付ける
だけなのです。

でも、知っています?
軽自動車の車庫証明の届け出が
必要なのは、大都市と
主に各道府県の県庁所在地
になっています。

田舎などで、交通量も少なく、
保有台数もそう多くなく、
各家庭に車庫が多い地域では
軽自動車の車庫申請は要りません。

あと、
乗用車や貨物車の登録に
必要な車庫証明も、
一部不要な地域があります。

これも主に交通量の少ない、
または土地があって
車の保管場所に困らない、
地方の郡部が該当します。

以上、車庫証明のあれこれ
ご理解いただけたでしょうか?